1. ホーム
  2. トピックス
  3. 広報だより

トピックス

広報だより

異業種と連携し企業CSR活動、耕作放棄地や被災農地再生へエゴマ定植

CSR活動えごま定植集合写真_20180728.jpgJA筑前あさくらは、商社、IT企業、メーカーなどが共同参画する「アグリガーデンスクール&アカデミー福岡・朝倉校」で企業CSR活動と九州北部豪雨からの復興、耕作放棄地の復活などと連動させた一体型研修事業としてエゴマの定植体験を行いました。新しいスタイルの社会貢献の一環。参加企業側は農作業体験や食育を通じて社員の心と体の健康を取り戻すこと、JA側は被災農地復活による地域農業の復興が狙い。企業経営資源と地域資源の融合による地域ブランド産品づくりで地域再生を目指します。

研修は、「企業人材リフレッシュ&リセットのための農業研修事業」として、同校を運営する(株)アグリガーデンスクール&アカデミーが企画。リフレッシュやリセットが必要な企業の現役社員やセカンドキャリアパスが必要な定年退職者世代を対象に実施しました。6月の基礎研修を経て7月28日に、九州北部豪雨の被害が大きかった地区の一つ、朝倉市杷木松末地区でJA、IT企業、銀行などの異業種10社から総勢約70人が参加し、地域の生産者とともに約7㌃にエゴマを定植しました。

来年3月までに3回にわたって収穫、乾燥、脱穀、商品化、プランター栽培研修などを行い、来年春に「ASAKURA EGOMA OIL」として商品化。地域の農産物直売所やふるさと納税などを通じて販売します。

JA地域振興部の林俊幸部長は「今後とも様々な業種と連携しながら、農業の新しい可能性を追求し、生産者所得の向上に努めていきたい」と力を込める。

「アグリガーデンスクール&アカデミー福岡・朝倉校」は廃校跡地を拠点に、人的ネットワークなどの経営資源や地域資源を融合させた新時代の農業ビジネスの創造に取り組んでいます。農業のノウハウや人的・地域資源を生かして医農連携や健康予防などの分野で新付加価値のビジネスを構築し、農業を通じた地域創生、社会貢献を目指します。

トメ

梨出荷スタート!新拠点となる中央選果場から海外へも

IMG_7559.JPGJA筑前あさくら管内で7月10日、梨「幸水」の出荷が始まりました。九州北部豪雨や台風などの影響はあったものの今シーズンもみずみずしく、糖度、色づきともに高品質に仕上がっている。新拠点となるJA中央選果場は連日、出荷作業に追われています。

 JA梨部会では、56人の生産者が合計約53㌶で梨を栽培しています。今シーズンからは、3月に完成した中央選果場で選果、出荷作業を実施。従来の選別機にはない省エネルギー、省音効果を持つ次世代型選別機に無落差式選別機を導入、梨は供給部で乗った姿勢のまま排出されるためぶつかりがなく、果実を傷めずに済むなど安全・安心に配慮した最新の高精度・高能力危機を搭載しています。

出荷は今後、「豊水」「二十世紀」「あきづき」「新高」「新興」「愛宕」と続く予定。同部会の井上常人部会長は「各地で起きている豪雨被害に昨年の朝倉を思い出し、涙があふれる。改めて収穫を迎えること下ばかり向いているわけにはいかないので、“がんばろう!あさくら”を合言葉に、梨を通じてJA筑前あさくらの元気を届けたい」と力を込めます。

同部会では生産販売体制の再構築と付加価値の増大による販売強化を図るために2017年1月の日本産梨の輸出解禁を受け、今シーズンから福岡県で初めてベトナム向けの梨輸出にも本格的に乗り出します。

暑さに負けずに元気にプレー!第2回ちびっ子軟式野球大会

IMG_6755.JPGJAは6月2、3日の2日間、「JAファンづくり」活動の一環で、「第2回JA筑前あさくら杯ちびっ子軟式野球大会」を筑前町多目的運動公園野球場で開きました。
 野球大会を通して、次世代を担う子どもたちの健全な心身の育成を目指すとともに、地域活性化を図ることが目的。第2回となる今年は管内の学童少年野球チーム6クラブから9チームが参加。高学年の部、低学年の部に分かれ、暑さに負けず元気いっぱいにプレーを楽しみました。
 高学年の部の優勝に三輪スポーツ少年団軟式野球部、準優勝にはM.Family Jr、低学年の部の優勝に甘木ゴールデンフェニックス、準優勝には夜須イーグルスがそれぞれ輝きました。
 
写真=高学年の部で優勝に輝いた三輪スポーツ少年団軟式野球部
 

希望の笑顔!杷木松末地区でそばの花が満開!

_MG_3715.JPGすべての人の心に希望の花が咲きますようにー。JA筑前あさくら管内、朝倉市杷木松末地区で九州北部豪雨復興のシンボルとなるそばの花が満開を迎えました。見ごろは25日頃まで。

中山間地に位置する同地区は豪雨の被害が最も大きかった地域の一つ。多くの住家や農地が被災し、今も生々しい爪痕が残っています。水田の復旧も見込めない中、そばの栽培を通じた農業復興を目指して松末生産組合、地域住民が4月上旬、遊休・荒廃地や水路を断たれた水田など約2㌶にそばを播種しました。

一面に広がる花に、地域住民は「支えてくださった多くの方々に花を見てもらいたい。乾麺やクッキーなどそばを使った加工品も楽しんでもらいたい」と笑顔で語っています。

トマトの出荷用小箱が新登場!JAブランドをPR

IMG_2769.JPGJA冬春とまと部会は4月から、「博多のトマト」の消費拡大による農業者所得の増大に向け、新たに1キロ入り小箱による出荷を始めました。
 消費拡大やJAブランドのPRが目的。流通の効率化に向けて市場からの要望を受け作成。サイズは長さ22センチ×幅17センチ×深さ8センチ。箱には存在感のある真っ赤なトマトのイラストに、同部会が栽培する優良品種「感激73」の文字。インパクトのあるデザインに仕上がりました。
 百貨店、小売店の青果売り場では、パック詰めだけではなく、段積みすることで限られたスペースでの陳列も可能でバイヤーからも期待が集まっています。
 吉塚郁行部会長は「良いデザインの箱が出来上がった。有効活用しながら販路拡大につなげたい」と話しています。


 

博多万能ねぎ部会40周年、さらなる飛躍へ

ふぁーむ5月号表紙.JPGフライト野菜の先駆けで、青ネギ全国トップブランドの地位を誇るJA筑前あさくらと博多万能ねぎ部会は2日、「部会発足40周年記念式典~災害を乗り越え新たなる出発」を朝倉市の泰泉閣で開きました。九州北部豪雨による被災を乗り越え、さらなる飛躍へ向けて一層の活力ある産地基盤づくりと食を通じた社会貢献を誓いました。

同部会は、1977年12月1日に博多万能ねぎ部会を発足。翌78年5月に航空機輸送を開始して以来、「新しい時代と共に安心・安全を全国の食卓へお届けします」を合言葉に40年にわたり厳しい統一基準に基づいた安全・安心な品質と安定供給、試食宣伝に取り組んできました。日本農業賞、全国農林水産祭での天皇杯など数々の受賞歴を誇り、年間出荷約3000㌧、販売高30億円を目指しています。

式典は関係者への感謝の気持ちを込めて企画し、部会員をはじめ歴代部会長、市場、行政、輸送・資材・試食宣伝などの関係者ら総勢約180人が参加。JA筑前あさくらの深町琴一組合長、重松康一部会長の挨拶をはじめ、東京青果㈱など市場20社への感謝状贈呈、九州北部豪雨の災害映像スライド上映を行い、生産販売拡大実践へ向けた具体策を情報共有しました。

このほか、航空輸送のパートナーである日本航空㈱から同JA、同部会へ向けた感謝状贈呈、同部会青年部の吉良英樹部長による表明「災害からの復興未来への挑戦」、流通コンサルタント・山本賢治さんによる記念講演「日本と朝倉の食はエシカルを目指せ!」などもありました。

重松部会長は「部会発足40周年を迎え、また九州北部豪雨による熱い支援など関係各機関に心より感謝している。発足50周年、さらなる未来へ向けて先輩方が築き上げてきたトップブランドとしての地位を守っていきたい」と力を込めます。

卒業式、歓送迎会シーズン、洋ランの出荷最盛

_MG_2522.JPG卒業式、歓送迎会シーズンへ向け、JA筑前あさくら鉢花部会洋ラン研究会では洋ランの出荷がピークを迎えています。同研究会の和佐野礼子さんが営む「白鳥園」でも、「幸福が飛んでくる」という花言葉の通り蝶が舞っているような華やかさと気品で多くの人に愛されている胡蝶蘭がハウスいっぱいに咲き誇り、連日、出荷作業に追われています。

 同研究会は、年間を通じて広島、大阪、愛知の市場へ向けて洋ランを出荷。圃場巡回や栽培講習会の開催、先進地の視察研修などを実施し、栽培技術の向上に努めています。

 さらに、部会ぐるみで市場関係者らを対象に各生産者のハウスを巡回しながら商談を行う「出荷前検討会」の実施をはじめ、通信販売、朝倉市の「ふるさと納税」などにより販路を拡大。生産、販売両面から生産者所得の向上と産地基盤強化を目指しています。

 同研究会では今後も、情報発信やPR戦略に積極的に力を入れていく考えで、和佐野さんも「今後も市場と一体となって消費者に喜んでもらえる洋ラン作りに励み、幸せを届け続けたい」と笑顔で語ります。

一年間の集大成、あぐりキッズがお弁当づくりに挑戦★

IMG_0413.JPGJAは1月27日、管内の小学生を対象とした「あぐりキッズスクール第6講」で「お弁当づくり・卒業式」を朝倉市内で開きました。
 最終講となる第6講では、一年間の集大成として保護者への感謝の気持ちを込めてお弁当を作りました。
 児童は自分たちでレシピを考え、JA女性部員、職員らの手ほどきを受けながら、昨年10月に稲刈り体験で自ら収穫したお米や地元の新鮮な野菜を使って仕上げた弁当を保護者と一緒に食べました。
 卒業式では、写真を集めたスライドショーを上映し、一年間の思い出を振り返り、竹永忠夫副組合長が卒業生52人に卒業証書を授与しました。
 竹永副組合長は「災害があった中で皆一生懸命頑張っていた。この一年で学んだ食と農のことをこれからも大切にしてほしい」と話しました。
 同スクールは、食農教育活動の一環で、次世代を担う子どもたちに「食」と「農」の大切さを伝える年間企画。11期目の今年度は、豪雨災害により中止した企画もあったが野菜の定植から収穫、サマー合宿、柿の収穫、稲刈りなどを体験し、食と農を学びました。

㈱空閑園芸が、県指導農業士研修交流会で寄せ植え指導

IMG_0209.JPGJA鉢花部会員で県指導農業士の空閑桂子さんは1月16、17日の両日に開かれた県指導農業士研修交流会の参加者に草花寄せ植え体験を㈱空閑園芸で行いました。
 寄せ植え体験は交流会のプログラムとして、九州北部豪雨で被災した㈱空閑園芸の状況確認や同社が取り組む寄せ植え教室の視察の他、復旧作業に駆けつけた指導農業士へのお礼を兼ねたもので約50人が参加しました。
 寄せ植えした花苗は、災害を免れたギョリュウバイ、イベリス、ビオラなど6種類。参加者は、空閑さんの指導を受けながら花苗を定植し、参加者同士で完成した寄せ植えを見せ合うなど交流を深めました。
 同交流会は、各地域で後継者の育成や農業者への技術・経営支援を行う指導農業士が、農業情勢に関する情報や現地視察を通じて交流を深め、地域農業の振興及び自らの農業経営に役立てることが目的。県内の指導農業士、県、市、同JA、県朝倉普及指導センターら約80人が参加し、活発な意見交換などが行われました。
 県指導農業士会の清水正人会長は「交流会を通じてネットワークを広げ、協力、助け合いの精神を大切にしたい」と力を込めました。

写真=寄せ植えを指導する空閑さん㊨

アスパラガス部会が現地講習会、来年度から新規加入者増へ

IMG_0173.JPGJAアスパラガス部会は1月16日、現地講習会を生産者のハウスで開きました。
 講習会は、高品質安定生産に向けた栽培管理の情報共有が目的でJA、県朝倉普及指導センターが企画。来年度からの新規加入者5人を含む生産者11人が参加しました。
 講習会では、肥料会社から春芽アスパラガスの収量増に向けた管理作業などをポイントごとに指導し、情報共有を図りました。
 同部会は来年度から、生産者19人が栽培面積20アール増の約3・7ヘクタールで栽培します。今後も、栽培技術の確立による高品質安定生産体制を目指し、さらなる産地基盤の強化を図ります。