1. ホーム
  2. トピックス
  3. 広報だより
  4. 早急な復旧へ向けて、第2次人的支援開始

トピックス

広報だより

早急な復旧へ向けて、第2次人的支援開始

IMG_3100.JPGJAは8月28日、第2次となるJAグループ福岡豪雨災害農業復興支援隊の第1陣出発式をJA東部選果場で開きました。
 「平成29年7月九州北部豪雨」によって被災した圃場、農業施設を復旧し、組合員の早急な営農活動の再開を目的としてJAが8月8日にJAグループ福岡災害対策本部へ依頼。県内全JAと中央会・連合会から役職員らが派遣される予定です。人的支援は9月27日まで全7陣で編成。
 同日、支援隊は果樹、鉢花生産者の圃場やハウス内の泥や流木の撤去に汗を流しました。
 第1次の人的支援は、7月13日から8月12日まで全9陣で編成され、延べ1000人以上が派遣された。主に朝倉地区の各生産者の圃場やハウス、農業施設周辺に流入した泥や瓦礫の撤去作業が行われました。 
 JAは今後、同グループの人的支援を受けながら立ち入り制限が解除された東峰、杷木地区などの柿、ブドウなど果樹の園地の復旧作業も展開する考えです。