1. ホーム
  2. トピックス
  3. 広報だより
  4. 主力の柿「富有」出荷スタート!色、甘さともに良好

トピックス

広報だより

主力の柿「富有」出荷スタート!色、甘さともに良好

IMG_4195.JPG甘柿の産地として全国有数の規模を誇るJA筑前あさくら柿部会で10月下旬から、主力の柿「富有」の選果が始まりました。関屋純男部会長の圃場でも連日、出荷作業に追われています。今年度産は出荷前に雨が続いたものの、甘さ、形、色付き、大きさともに高品質に仕上がっています。
 「富有」は、肉厚で甘みが強く、柿の代表的な品種ともいわれています。同部会は、生産者約430人が約300ヘクタールで栽培しています。九州北部豪雨の影響で杷木、朝倉地区を中心に園地など甚大な被害が発生。被害面積は約100ヘクタールにも及びました。
 関屋部会長の圃場の一部でも木が根こそぎ流されました。農道も断たれた箇所もあり、管理が難しい状況となってしまいましたが、小まめな管理作業の甲斐もあり、無事収穫を迎え、現在も収穫作業に励んでいます。
 関屋部会長は「朝倉は甘柿の産地、今年を朝倉元年として再スタートする気持ちで、後世に引き継いでいきたい」と話しています。
 出荷は12月10日頃まで続き、全体で約3500トンの出荷を目指しています。                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

写真=出荷を迎えた柿「富有」

 

2