1. ホーム
  2. トピックス
  3. 広報だより
  4. ㈱空閑園芸が、県指導農業士研修交流会で寄せ植え指導

トピックス

広報だより

㈱空閑園芸が、県指導農業士研修交流会で寄せ植え指導

IMG_0209.JPGJA鉢花部会員で県指導農業士の空閑桂子さんは1月16、17日の両日に開かれた県指導農業士研修交流会の参加者に草花寄せ植え体験を㈱空閑園芸で行いました。
 寄せ植え体験は交流会のプログラムとして、九州北部豪雨で被災した㈱空閑園芸の状況確認や同社が取り組む寄せ植え教室の視察の他、復旧作業に駆けつけた指導農業士へのお礼を兼ねたもので約50人が参加しました。
 寄せ植えした花苗は、災害を免れたギョリュウバイ、イベリス、ビオラなど6種類。参加者は、空閑さんの指導を受けながら花苗を定植し、参加者同士で完成した寄せ植えを見せ合うなど交流を深めました。
 同交流会は、各地域で後継者の育成や農業者への技術・経営支援を行う指導農業士が、農業情勢に関する情報や現地視察を通じて交流を深め、地域農業の振興及び自らの農業経営に役立てることが目的。県内の指導農業士、県、市、同JA、県朝倉普及指導センターら約80人が参加し、活発な意見交換などが行われました。
 県指導農業士会の清水正人会長は「交流会を通じてネットワークを広げ、協力、助け合いの精神を大切にしたい」と力を込めました。

写真=寄せ植えを指導する空閑さん㊨