1. ホーム
  2. トピックス
  3. 広報だより
  4. あぐりキッズスクール特別講、野菜ソムリエを講師に親子料理教室

トピックス

広報だより

あぐりキッズスクール特別講、野菜ソムリエを講師に親子料理教室

_MG_8986.JPGJA筑前あさくらは、管内産の農産物を使った地産地消の親子料理教室を開きました。食農教育活動の一環で児童向けに行っている「あぐりキッズスクール・特別講」として企画し、親子19組42人が参加。野菜ソムリエの手ほどきを受け、「とまとご飯」「野菜たっぷりハンバーグ 梨ソース添え」など旬の野菜や果物をたっぷりと使った料理に挑戦しました。

 親子料理教室は、野菜ソムリエと一緒に料理を楽しみながら地元産の農産物に親しんでもらおうと今年初めて実施。野菜ソムリエプロでジュエルフルーツクリエーターとしても活躍する筑前町在住の森田由美子さんを講師に招き、6班に分かれて筑前町産希少種で「幻の果実」とされる「筑前姫酢」や「博多万能ねぎ」、イチジク「とよみつひめ」、トマトなどを使った4品を作りました。

 父親や祖母の参加もあり、参加者は「普段は忙しくてなかなか一緒に料理作れないので楽しかった」「自分で作った料理はおいしい。家族でまた作ってみたい」などとうれしそうに話していました。食農普及課の中山資喜さんは「今回の料理は栄養満点で生ごみも出ないように工夫されているので、家庭でもぜひ作ってほしい」と話します。

 「あぐりキッズスクール」は農業体験や料理体験などさまざまなカリキュラムを通じて食と農の大切さを、次世代を担う子どもたちに伝えていきます。第12期となる今年度もJA女性部や各生産部会、野菜ソムリエ、地域住民らの協力を得て、野菜の植え付けや収穫、調理体験、みそ造り、お弁当づくり、サマーキャンプなど、食と農に関する多彩なプログラムを企画しています。