1. ホーム
  2. トピックス
  3. 広報だより
  4. 中村学園大学×石村萬盛堂の柿スイーツ「どらもち」、善太郎商店で期間限定発売!

トピックス

広報だより

中村学園大学×石村萬盛堂の柿スイーツ「どらもち」、善太郎商店で期間限定発売!

DSC_0053.JPG朝倉のおいしさをどうぞー。日本有数の甘柿の産地であるJA筑前あさくら産の柿を使って中村学園大学(福岡市)と和菓子の老舗・石村萬盛堂(同)が産学連携で商品化した和洋菓子「どらもち(朝倉産柿 ヨーグルト風味)」が9月26日、発売されました。同社が九州大学跡地の商業施設「六本松421」で展開する新ブランド「善太郎商店」で1個180円(税込)で10月31日までの期間限定で販売されます。

「どらもち(朝倉産柿 ヨーグルト風味)」は、柿に対して「皮をむくのが面倒」「食べる習慣がない」「地味なイメージがある」などのイメージを持つ若い世代を中心に柿の魅力を発信することで朝倉産の柿を応援しようと、同大学流通科学部の有志学生3人が「福岡のよかもん伝えたいっ隊」プロジェクトの一環でJA筑前あさくらと共同で企画。石村萬盛堂の協力を得て、同店が展開する「どらもち」シリーズの第3弾として今春から約半年をかけて商品化にこぎつけました。

柿の甘さをギュッと閉じ込めて乾燥させたJAの1次加工品である柿チップとさわやかな酸味のヨーグルト風味の白あんを、もっちりとした食感の生地で包みこんだ新感覚がウリ。お茶請けにピッタリな小さ目サイズで、柿をイメージして生地にへたの焼印を施しました。緑茶はもちろんコーヒーや紅茶、牛乳との相性も良いのが特徴です。

 9月12日には商品開発にかかわった学生がJAを訪問し、かき部会の関屋純男部会長らを取材。JA中央選果場での柿の選果や生産者の園地なども視察しました。

26日の発売日には「善太郎商店」の一周年記念商品として学生が同店の店頭に立ち、来店客に朝倉産の柿の魅力や新商品に込めた思いをPRした。29、30日にも学生によるPRが行われる予定。学生は「今までにない柿の食べ方や楽しみ方を提案したい。九州北部豪雨に負けずに一生懸命に柿を栽培する朝倉の生産者の思いを多くの人に伝えたい」と笑顔で語ります。

JA販売開発課の羽野秀樹課長も「今回の商品は中村学園大学を中心に自主的に朝倉地域を元気にしたいとの思いで企画してもらい、大変感謝している。地域の思いが伝わり、少しでも多くの方々に食べていただければ嬉しい」と力を込めます。