1. ホーム
  2. トピックス
  3. 広報だより
  4. 果樹園の再生へ、志縁プロジェクトを活用しグロースガン導入

トピックス

広報だより

果樹園の再生へ、志縁プロジェクトを活用しグロースガン導入

IMG_9743.JPGJA筑前あさくらは、九州北部豪雨で被災した果樹園地の復旧対策としてグロースガン(圧縮空気による硬盤破砕機)を新たに導入しました。JA、西日本新聞エリアセンター連合会との共同企画「志縁プロジェクト」の志縁金を活用した復興支援対策の一つ。グロースガンの利用による被災園地の復興、再生を目指します。
 グロースガンは地中に圧縮空気を送り込み、根を活性化させる土壌改良機。被災園地の土壌改善による地力増進が目的。被害の大きかった果樹園地では土砂が流入したことで排水性や樹勢が弱まり、農産物の生育にも影響が出ました。3~4月は施肥や土壌改良時期であり、今回導入したグロースガンと梨部会が持つ既存の一台を有効活用することにより、園地の早期復興につなげます。
 豪雨により栽培面積が165アールから120アールに減少した柿部会の永井健一さんは3月中旬、グロースガンを利用。「効果が見えてくるのは少し先だが今は再起の時。じっくりと果樹園復興に取り組みたい」と期待を込めます。
 JAは今後も、果樹農家に栽培講習会などを通じて排水対策として梅雨前のグロースガンの利用を呼び掛けていく考えです。