1. ホーム
  2. トピックス
  3. 広報だより
  4. サクラサクー。受験生への「応援花」、出荷スタート!朝倉からエール

トピックス

広報だより

サクラサクー。受験生への「応援花」、出荷スタート!朝倉からエール

応援花.JPGサクラサクー。大学入試センター試験に合わせ、JA筑前あさくら管内の朝倉市で、花が落ちにくいカーネーションで受験生を励ます「応援花」の出荷が始まりました。品種「サキーネ」は「サクラサク」を、5枚のがくは「合格」をイメージさせる縁起物として人気があります。JAでは、久留米花卉(かき)園芸農協を通じて2月下旬までに合計約4000鉢を販売する予定です。

 「サキーネ」は、桜の花に似た鮮やかなピンクで、学校などでよく使われる「大変よくできました」のスタンプにも似た形が特徴。冬の寒さにも強く、受験生からも人気を集めます。

 JA鉢花部会カーネーション研究会の平井靖郎会長と井口猛さんの2人が「頑張っている受験生を応援したい」と4年前から生産を始めました。1昨年10月に定植して以降、「サクラサク」日を願いながら心を込めて育ててきた。

 1月21日から県内を中心に店頭に並ぶ予定。平井さんと井口さんのハウスでは連日、出荷作業に追われており、「今年は例年以上に高品質に仕上がっている。夏の暑さにも冬の寒さにも負けず、美しく凜と咲き誇る応援花を通じて朝倉から受験生にエールを贈りたい」と笑顔で語ります。