1. ホーム
  2. トピックス
  3. 広報だより
  4. 広報誌「ふぁーむ」、高校生による新連載企画「高校生写真館~地域の魅力再発見」がスタート!

トピックス

広報だより

広報誌「ふぁーむ」、高校生による新連載企画「高校生写真館~地域の魅力再発見」がスタート!

高校生写真館スタート.JPGJA筑前あさくらは、広報誌「ふぁーむ」に高校生による新連載「高校生写真館~地域の魅力再発見」を始めました。次世代を担う地域の高校生にJAに親しみを持ってもらい、広報誌を通じてJA、高校、地域とのつながりを深めていくことが目的。組合員や地域住民からも好評で、「高校生が地域の魅力を発信してくれることがうれしい」「連載が楽しみ。待ち遠しい」と激励の葉書が次々と届き、喜ばれています。

 JAでは、地域密着型の広報体制を通じて地域との共生、多世代に親しまれる広報誌づくりや他世代にわたる「JAファンづくり」を目指している。「高校生写真館」もその一環。福岡県立朝倉高校、朝倉光陽高校、朝倉東高校の管内3高校がそれぞれ3カ月ごとに連載を受け持つ。

スタートは1月12日発行の2月号からで、第1号を飾ったのは朝倉光陽高校写真部の堀内零二さん(2年)で、校舎から見える柿山の美しい紅葉を撮影。「11月下旬から12月の始めにかけて、学校から見える山が赤く染まります。柿の葉が紅葉して、このような風景を作りだしています」と紹介。「僕は後者から見えるこの景色がとても好きです」と綴りました。

JA広報担当職員も「高校生、地域と共にこのコーナーを育て、地域住民参加型の多世代に喜ばれる広報誌づくりを目指す」と期待を込めます。