1. ホーム
  2. トピックス
  3. 広報だより
  4. 米卸「森光商店」がJA産米の売り上げの一部を寄贈、三連水車保存と九州北部豪雨支援で

トピックス

広報だより

米卸「森光商店」がJA産米の売り上げの一部を寄贈、三連水車保存と九州北部豪雨支援で

_MG_2382.JPGJA筑前あさくら産米を販売する米卸「森光商店」(佐賀県鳥栖市)が6月17日、地域貢献と災害復興支援の一環として、JA産米の売り上げの一部を「あさくら三連水車保存会」とJA筑前あさくらに寄贈しました。朝倉市の国史跡「三連水車」前で開いた贈呈式で、森光栄一社長が、2019年10月から今年3月までの売り上げのうち約22万円を同保存会の関屋英幸会長へ、約24万円を深町琴一組合長へそれぞれ手渡しました。...

 同社は2002年からJA産米をブランド「三連水車」として販売している。5年前からは「ヒノヒカリ」と「夢つくし」を寄付付商品として販売。1袋辺り10円を、三連水車群を次世代に残すために活動する同保存会に寄贈し続けています。2017年からは九州北部豪雨支援としてプラス10円を上積みして積み立て、復興支援金としてJAに寄贈。同保存会、JAへの寄付金の総額は約300万円に達しています。

 毎年、秋に行っていた贈呈式を、今年度は初めて「三連水車」の通水式に合わせて実施。森光社長は「今後も朝倉の復興、発展を応援し、消費者に喜んでもらえるお米を届けたい」と話しました。深町組合長は「今後も安全で安心なおいしい米作りに尽力したい。感謝の気持ちを胸に、復興に向けて全力で取り組みたい」と力を込めました。