1. ホーム
  2. トピックス
  3. 広報だより
  4. 待望の柿「西村早生」初出荷、今年も高品質、海外展開も

トピックス

広報だより

待望の柿「西村早生」初出荷、今年も高品質、海外展開も

柿初出荷.JPGJA筑前あさくら管内で9月11日、待望の柿「西村早生」の出荷が始まりました。品種別、シーズン別管理講習会の開催や巡回指導などを通じた高品質安定生産体制で、今シーズンも高品質に仕上がっています。JAでは生産者、関係各機関と連携し、さらなる販売強化や海外展開による生産者所得の増大を目指します。

JA柿部会では現在、約376人の生産者が合計227㌶で栽培。3年前の九州北部豪雨の被災を乗り越え、2年前からは柿プロジェクトを本格スタート。生産者、関係各機関と連携し、園地流動化、省力化技術の導入、土壌診断に基づく施肥管理の徹底の他、優良品種「秋王」の生産拡大、生協向けやインターネット通販、テレビショッピングなど市場外流通の強化や流通ニーズに対応した多面的販売、規格外品の有効利用や6次産業化による生産者所得の向上を図っています。

 輸出拡大もその一環で、昨シーズンはタイ、シンガポール、台湾、香港、米国へ輸出。今シーズンも中央選果場(朝倉市)を拠点に海外展開に取り組む考えです。

 今後は「早秋」「太秋」「秋王」「早生富有」「富有」「冷蔵柿」と続き、来年2月上旬までに合計約3050㌧を販売する見通し。果樹課の林明生係長は「消費者の皆様においしい柿を届けたい」と力を込ます。