1. ホーム
  2. トピックス
  3. 広報だより
  4. JA果樹GAP研究会が県GAPの認証を取得、複数品目での団体認証は県内初

トピックス

広報だより

JA果樹GAP研究会が県GAPの認証を取得、複数品目での団体認証は県内初

(筑前あさくら) 果樹県GAP取得9923.JPGJA筑前あさくらの7つの果樹品目で構成するJA果樹GAP研究会が、県版農業生産工程管理(GAP)の認証を取得しました。複数の品目を一緒にした団体認証の取得は県内初。果樹での横断的な取り組みを図り、安全・安心な農産物の生産管理体制で消費者から信頼される産地作りを目指します。
 GAPは、食品安全、環境保全、労働安全などの考え方を兼ね備えた持続可能な農業生産を確保するための取り組み。導入することで、経営の効率化・充実を図り、販売先への信頼確保などの効果が高いとされています。
 JAは7月、柿、梨、イチジク「とよみつひめ」、ブドウ、桃、スモモ、キウイフルーツの生産者を対象に説明会を開催。9月、特にGAPへの関心が高い生産者15人で同研究会を設立後、出荷物の安全性向上、作業中の安全対策などといった約80個の点検項目に沿って審査が行われ、11月に取得しました。
 12月17日には、県GAP認定証交付式を朝倉普及指導センターで開き、梨生産者の山崎隆則会長が県から認定証を受け取りました。山崎会長は「より一層、食の安全・安心を自覚し、消費者に喜ばれる農産物作りに努めていく」と意気込んでいます。

写真=認定証を受け取った山崎会長(左から3人目)