1. ホーム
  2. 広報ブログ

広報ブログ

いちじくの手もみスムージーに挑戦してみました!

_MG_9218.JPG「広報だより」にもアップしましたが、「あぐりキッズスクール」の特別講座で親子料理教室が開催されましたheart

広報担当は写真撮影。今回も、参加者の皆様の素敵な笑顔をたくさん撮影させていただきましたlovely

野菜ソムリエプロの森田由美子先生が教えてくださるお料理はどれもとってもおいしく、彩りも美しく栄養満点sign03しかも、小学生がお父さんやお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に作れる簡単なレシピばかりで、目からうろこでしたeyesign03

一番びっくりだったのは、「いちじくの手もみスムージー」。なんと、このスムージーはジューサー不要でビニール袋に材料を入れて口を結んで、モミモミするだけで完成!洗い物も出さず、手も汚さず、そして冷蔵庫にある材料でほんの数分でできちゃうんですnote甘くてとってもおいしいのに、砂糖も全然使っていなくて、イチジク「とよみつひめ」とハチミツの自然な甘さがうれしい逸品heart04森田先生いわく、いちじくのゴロリとした果実感を楽しみたかったらやわらかめに、スムージー特有のジューシーさを楽しみたかったら机などを利用して丁寧に果実をもみつぶしていけばいいそうですup

広報担当も帰宅して、早速作ってみましたpaperちょっと小腹がすいた時でも手軽にできるので、本当にお勧めです。ちなみに、わたしは果肉ゴロリ派run

イチジクだけではなく、キウイなどでも代用できるそうですhearthappy02heart

レシピをご紹介させていただきますので、皆様もぜひ、お試しくださいねgood

clubいちじくの手もみスムージー」club

【材料】

いちじく、牛乳(50ml)、ヨーグルト(50ml)、はちみつ(小さじ1)、筑前姫酢(少々)、厚手のビニール袋

【作り方】

①いちじくは皮をむいておく

②ビニール袋いいちじく、牛乳、ヨーグルト、はちみつを入れ、口のところをしっかりと結び、口のところを持って優しくもみながら良く混ぜる

③袋の下の角をはさみで切って、グラスに注いで、筑前姫酢をお好みで絞りいれて出来上がりnote

 

見た目も涼しげ、グリーンカーテンで省エネ効果♪

IMG_0847.JPGJA筑前あさくらは毎年、環境対策の一環としてグリーンカーテン作りに取り組んでいます。本店南側には、春に植えたゴーヤのつるが生長し、1階を覆うようにグリーンカーテンが広がっていますsun
 グリーンカーテンは、室内温度の上昇を和らげ、冷房の使用数減につながるなど、省エネ効果が期待されており、JAでは今後も、グリーンカーテンによる環境対策や組合員、利用客との交流にも取り組んでいきますnote

 

 

 

金足農業高校旋風!

第100回高校野球選手権大会は、南大阪代表の大阪桐蔭の優勝、秋田県立金足農業高校の準優勝で幕を閉じました。

史上初のタイブレーク・逆転サヨナラ満塁ホームランなど劇的な試合が多かった今大会、

特にわたしたちの心に刻み込まれたのが、KANANOこと金足農業高校旋風ではなかったでしょうか。

農業高校の決勝進出は、戦前、まだ日本統治下だった台湾代表の嘉義農林以来だとか。

すべて地元の選手たちの公立高校が、エースを中心にひたむきなプレーで最後まで決してあきらめず、強豪校を破って勝ち進んでいく姿には本当に心を打たれ、たくさんの勇気をもらいました。

金足農業の活躍を機会に、これからたくさんの子どもたちが農業高校を目指してくれたらうれしいな。そう思う夏の終わりでした。

真夏の体調管理には気を付けましょう!

IMG_8720.JPG全国各地で猛暑日が続くなど、今年の暑さは異常ですね・・・。

特に恐いのは熱中症!外出していなくても、室内でも発生する恐れがあります。

皆さまも、こまめな水分補給やエアコンを付けるなど、体調管理には十分に気を付けてください!

・・・余談ですが、わたしは軽度の熱中症になりました。今は元気ですgood

 

 

 

 

P.S

7月31日、今日は15年ぶりに火星が地球に大接近する日だそうです。

カメラで満月を撮影したことはありますが、火星が接近することはめったにないこと。

天気次第ですが、撮影しようと思いますwink

 

 

 

復興のシンボル、三連水車が稼働!

_MG_5230.JPG本格的な田植えシーズンを迎え、九州北部豪雨の復興のシンボルで国指定史跡「三連水車」(朝倉市)が17日、稼働しました。九州北部豪雨に耐え、ゴットン、ゴットンと大きな音を轟かせ、豪快な水しぶきをあげながら回転する地域の宝に、笑顔がはじけ青空いっぱいに広がりました。

江戸時代から220年以上の歴史を刻む三連水車は毎分6000㍑以上もの水を供給。下流にある2基の二連水車とともに筑後流域に広がる合計約35㌶の水田を潤し、地域の農業を支え続けてきた。実働する水車群では日本最古とされており、筑後川の水を引き入れる用水路「堀川」とともに1990年、「堀川用水及び朝倉揚水車」として国の史跡に指定された。

 しかし、豪雨で流れ込んだ土砂や流木の影響で昨年は約1カ月にわたり停止。被害を免れた水田も干害の危機に直面していました。市や水車を管理する山田堰土地改良区、地域の農家らによる懸命な復旧作業で再稼働にこぎつけました。

 同日には通水式が行われ、上流の水門が開かれ用水路に勢いよく水が流れ込み水車がゆっくりと動き出す瞬間を地域の園児らが「頑張れ!頑張れ!」と声援を送りながら必死に見守りました。

 水車群は10月中旬まで動き続ける予定です。

まるかじりフォトコンテスト結果発表!!

JAにじとの合同コミュニティー紙「まるかじり2017」(昨年10月21日発行)の読者参加型企画、

インスタグラムによる「まるかじりフォトコンテスト」の審査結果を発表致します!notes

初の試みとなった今回の企画で、多くの方にご参加いただき、とてもうれしく思いますconfident

 

なお、今回の審査結果は広報誌「ふぁーむ」5月号(P7)にも紹介させていただいておりますclover

 

そして、こちらは最優秀賞に輝いたruu_chin3538さんの作品ですsun

ruu_chin3538 1.jpg

赤の鳥居と青空のコントラストが鮮やかできれいですよねlovely

 

厳正なる審査を経て決定した受賞作品7点をご紹介致します♪♪

 

こちらをクリック→フォトコンテスト審査発表.pdf

 

 

 

 

今年は豊作、実りの秋へ!恵蘇八幡宮でかゆ占い

_MG_3353.JPG今年は豊作、実りの秋へ―。福岡県朝倉市の恵蘇八幡宮で3月12日、かゆに生えたかびの具合で1年の農産物の出来を占う「かゆだめし」が行われました。約200年前から続く伝統行事。毎年2月15日、3つの青銅器に盛ったかゆを木箱に入れて神前に保管し、3月最初の「卯(う)の日」に取り出します。

かびは色によって、黄が豊作、赤は日照り、青は水、黒は害虫などを示すと言われています。同神社の神殿で上原実二宮司らが木箱を一斉に開くと、氏子らは身を乗り出しながら表面に付いたカビを確認。九州北部豪雨の昨年は「水に注意」だったが、「やや虫の心配があるものの今年は豊作」の声に一同ホッとした表情を見せました。

春爛漫♪古都秋月 雛めぐりはいかが?

_MG_2467.JPG筑前の小京都でお雛様も日向ぼっこー。秋月城跡の長屋門の石段に雛人形を並べて雛祭りを祝うイベント「古都秋月 雛めぐり」が朝倉市内で行われています。梅と雛人形で華やかに彩られた春の古都の風情が、訪れる人たちを喜ばせています。

 イベントは「地域を元気にしたい」と、朝倉市とあさくら観光協会が「桃の節句」に合わせて企画。市民に呼びかけて集めた雛人形約250体を、同門の石段21段にズラリと並べました。

展示は雨天時を除く3月4日までの午前10時~午後4時。同3日の午後6時半~9時まではライトアップも行います。

本店に松竹梅を飾っています★

IMG_9735.JPG本店に松竹梅を飾っていますconfident

松竹梅は、縁起のいいものの象徴として松、竹、梅を用いたものです。

 

 

よく見たら、森の妖精がいるような・・・?

 

年始は1月4日から営業開始となります。本店に来られた際によかったら

見に来てくださいねshine

 

 

 

 

 

 

園児もにっこり♪柿部会青年部が柿をプレゼント!

IMG_8433.JPGJA柿部会青年部は11月29、30日の両日、朝倉、福岡市内の幼稚園や保育園に旬の柿「富有」を贈りましたhappy01
 若年層を中心に果実の消費低迷が加速する中、食農教育活動の一環として、幼児や児童にターゲットを広げて販売戦略を実践しています。幼稚園や保育園への配布もその一環で、幼少時に食べたことがない物は大人になっても食べないという統計に基づき、将来的な消費拡大への取り組みとして毎年実施。
 29日には、営農指導員が馬田保育園(朝倉市)を訪れ、園児に「いっぱい食べてください」と柿をプレゼントした。園児は笑顔を見せながら「ありがとうございます。早く食べたい!」などと喜びましたdelicious
 果樹課の佐々木優作営農指導員は「朝倉のおいしい柿の味を知って好きになってほしい」と話しました。