1. ホーム
  2. 広報ブログ
  3. 2016年6月のブログ記事

広報ブログ

2016年6月のブログ記事

来年もまた来てね☆

IMG_4417.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筑前あさくら本店入り口のATMあたりの頭上にはツバメが巣を作っています。

今年、4羽のヒナの写真を収めることができ、無事に巣立っていきました★

6月上旬頃に撮影したのですが、親ツバメと変わらない大きさでした!

親ツバメを待ち続けるヒナたち。

 

とても可愛かったです❤♡

巣の下で親ツバメを待ち続けたんですが、

わたしが近くにいたからか、なかなか巣に戻ってくれませんでした(泣)

 

ツバメたちに迷惑がかからないように(笑)

遠くから撮影し、その場を離れることにしました。

 

今年はあまり観察できなかったけど、来年はもっとツバメたちの写真を撮影したいです♪

来年もまた、JA筑前あさくら本店に戻ってきてほしいなと思います✿

夏の風物詩、三連水車が稼働!

IMG_1112.JPG本格的な田植えシーズンを迎え、実際に稼働する水車としては国内で最も古いとされる福岡県朝倉市菱野の国史跡「三連水車」が17日、稼働しました。

 220年以上の歴史を刻む三連水車は、毎分6000リットル以上もの水を供給。下流にある2基の二連水車とともに、筑後流域に広がる合計約35㌶の水田を潤しています。

 上流の水門が開いて用水路に水が流れ込み、豪快な水しぶきを上げながら水車がゴットンゴットンと大きな音を轟かせながらゆっくりと回り始める様子を、三連水車の塗り絵の旗を持った地元の園児らが「頑張れ!頑張れ!」と元気いっぱいの声援と手拍子で見守りました。

 水車群は、10月中旬まで動き続ける予定です。

珍しい花の取材に行ってきました★

 

 

IMG_4124.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国原産の珍しい花が朝倉市で咲いているという情報を聞きつけ…

取材に行ってきました!!

朝倉市田中にお住いの井上シマ子さんの庭には大きな花が咲いていました。

その名も「地湧金蓮(ちゆうきんれん)」。

高さは1.5メートルぐらいでしょうか。最初、バナナの木と思うくらい大きかったです(笑)

地湧金蓮は、中国雲南省原産のバショウ科の植物で、標高1500~2500メートルの山地に自生している植物です。

井上さんが栽培を始めたのは10年前。花屋に勤める知り合いから、「珍しい花がある」と教えてもらったのがきっかけでした。原木を購入し、定植して7年目に黄色い花を咲かせたそうです。

まさか、こんな大きな花がこの朝倉市に咲いているとは…びっくりです(@_@;)!

わたしもなにか植物を育ててみたくなりました♪

 

井上さん、お忙しい中、取材にご協力ありがとうございました(*^_^*)