1. ホーム
  2. JAのサービス
  3. 介護・福祉
  4. JAの介護・福祉事業

介護・福祉

JAの介護・福祉事業

住み慣れた地域でこれからも安心して暮らしたい。

ごあいさつ

多くの皆さまが、ご自宅での介護を望んでいます。
それにはご家族の協力はもちろん、介護される方の状況を正しく認識し、その状況にあった介護を行うことが大切です。
JA筑前あさくらは介護・福祉事業を通じて、介護を必要とされている方と、そのご家族の暮らしをサポートします。

わたしたちが目指すもの

  • 「ご利用者・ご家族の満足度の高いサービス」を全職員一丸となって提供します。
  • ご利用者の自立、生活の質を高める視点から、各種支援やサービス、商品の提供に努めます。
  • 介護保険認定者の方々の「居心地の良い在宅での生活」をサポートし、広い視点で地域サービスを展開します。
  • 自立支援に役立つ住環境・介護リフォームおよび、リハビリ・介護予防などについて幅広く研鑚に努めます。

申請の流れ

要介護(要支援)認定の申請

申請できる方

本人または家族が申請を行います。もしくは下記の人や団体に申請の代行を依頼することができます。

  • 成年後見人
  • 地域包括支援センター
  • 省令で定められた
    • 指定居宅介護支援事業者
    • 介護保険施設

認定申請窓口

  • お住まいの市町村の介護保険担当窓口

申請に必要なもの
  • 第1号被保険者(65歳以上)
    • 要介護・要支援認定申請書(市町村窓口にあります)
    • 介護保険被保険者証
  • 第2号被保険者(40歳~64歳)
    • 要介護・要支援認定申請書(市町村窓口にあります)
    • 加入医療保険の被保険者証

1

訪問調査と介護認定審査会

訪問調査

認定調査員が自宅を訪問し、心身のことや介護の状態などについて、本人や家族などから聞き取り調査をします。
調査項目は全国共通です。

主治医の意見書

かかりつけの、医師が介護を必要とする原因疾患や医学的見地からの意見書を作成します。
※主治医がいない場合は窓口にご相談ください。

1次判定(コンピュータ判定)

訪問調査の結果を全国統一基準でコンピュータ分析し、要介護状態区分を判定します。

2次判定(介護認定審査会)

1次判定の結果と医師の意見書をもとに、保健、医療、福祉の専門家が介護の必要度を判定します。

2

認定の通知

市町村が行う介護予防事業を利用できます

非該当の方(自立)

介護予防サービスを利用できます

要支援1、要支援2の方

介護サービスを利用できます

要介護1~要介護5の方

問い合わせ先

◎地域密着!JAの福祉活動。介護や福祉のことは、なんでもお気軽にご相談ください。

JA筑前あさくら福祉介護センター
TEL 0946-21-8256
(月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時)
〒838-0065 福岡県朝倉市一木18-22(Aコープあまぎ裏)
(介護保険事業者番号:4072200035)
>>支店一覧はこちら