1. ホーム
  2. 女性部 支店協同活動

女性部 支店協同活動

三奈木小学校農業体験(秋・冬野菜苗植え付け)

三奈木支店は支店協同活動の一環として、三奈木小学校2年生児童と秋・冬野菜苗植え付けを行いました。

生徒には野菜作りを通じて、野菜を育てる楽しさや食べ物の大切さを学んでほしいと思います。

023.JPG036.JPG

甘木地区女性部 フルリスト(女性部大学)開催

甘木地区 女性部活動

フルリスト(女性部大学)第1講、商品研修を開催しました。

商品・・・女性部予約注文品の甘酒、すりごま、漬け物の素など

成分や使い方の研修を受け、ひとつの商品に幅広い用途があることを知りました。

三輪地区女性部 家の光記事活用!!

三輪地区女性部は、『家の光7月号P84』掲載の『ハンギングバスケットと作ろう』に挑戦sign03初心者に最適な壁掛けのスリットバスケットと書いてあるので、初心者でも簡単に作れるもの思っていましたが…。悪戦苦闘weepなかなか、手強かった…。でもそこは、女性部員heart04最後には、お店で販売してもおかしくない出来上がりにlovelyここ最近、雨rain続きで気分が下がり気味ですが、気分上昇up楽しい時間を過ごすことができましたconfidentこれからも楽しい活動を計画していきたいと思いますwink

IMG_0048.JPGのサムネール画像IMG_0050.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フルリスト(梅干し作り教室)開催

IMG_0010.JPGIMG_0035.JPG

 

参加者10名でジッパーでの梅干し作り教室を開催しました。梅1kgに対し塩100gを混ぜて約2週間保管します。(冷蔵庫にはいれない)7月初旬シソの葉をもみ梅になじませます。(赤シソ200gに対し塩40g)                                   晴天が続いた日に2・3日ジッパーのまま天日干しにするといいですよ!約6ヶ月でできあがりです。                                 みなさんも挑戦してみてはいかがですか?

三奈木小学校農業体験(さつまいも苗植え付け)

001.JPG 三奈木支店は6月12日に三奈木小学校で、さつまいも苗の

植付けを行いました。1年生児童31名が地元組合員の安丸さん

の指導を受け、さつまいも苗100本を植付けました。後は、さつま

いもがたくさん収穫できるように、児童達には水やり・草取りに

注意してほしいです。

         

「女性部 きらり」創刊について

平素よりJA筑前あさくら女性部活動にご協力いただき、ありがとうございます。

女性部ではこのたび、各地区の活動をご紹介させていただく情報誌(PR紙)「女性部 きらり」(年2回発行)を創刊する

ことにしました。

詳しい内容はこちら⇒女性部 きらり.pdf   ※JA筑前あさくら本店・支店でもご覧いただけます。

三奈木小学校農業体験(もち米箱苗作り)

027.JPGのサムネール画像三奈木支店は、5月26,27日 三奈木小学校5年生児童を対象にもち米箱苗作りを行いました。                                        当日は宮原さんの指導の下、三奈木支店職員がサポートにはいり、5年生児童がもち米の種まきを行いました。                             これから、田植え・収穫を通じてお米を育てる楽しさや大切さを学び、お米をたくさん食べて、元気に育ってほしいと思います。

三奈木小学校農業体験(野菜苗植付け)

003.JPGのサムネール画像のサムネール画像 三奈木支店は支店協同活動の一環として、三奈木小学校内の畑に野菜苗の植付けを行いました。

今年は新型コロナウィルス感染防止の為、児童の出席ができなかったが、野菜苗の植付けを安丸さんのご指導の下、先生方とJA職員で行いました。野菜の管理は生徒に行ってもらい、農業体験を通して野菜を育てる楽しさや食べ物の大切さを学んでほしいと思います。

秋月小学校アグリスクール

2020年5月秋月小学校アグリスクール  5月8日、秋月支店は支店協同活動の一環として、秋月小学校の校庭に野菜苗の植付けと小学2年生を対象に、ミニトマト苗を配布しました。

 今回は、新型コロナウィルス感染防止の為、小学校関係者とJA職員で、校庭に野菜苗の植付けを行いました。
 また、小学2年生児童に家庭でミニトマトを栽培できるように、ミニトマト苗の配布を行いました。

 子ども達には、野菜の栽培を通じて、生長の変化や育て方を学んで、野菜への親しみや世話をする楽しみや喜びを味わってほしいと思います。