このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

今月の農産物

栄養価 ガンを抑制 柿に多く含まれるリコピンはカルテロイドの一種で、赤色成分のこと。活性酵素…

今月のレシピ

栗茶きん

[1] たっぷりの湯で栗を30分ほどゆでる [2] [1]の粗熱が取れたら半分に切り、スプーン…

広報だより広報だよりの一覧へ

杷木地域こだわり米研究会が九州地域環境保全型農業推進コンクールで局長賞

杷木地域こだわり米研究会が九州地域環境保全型農業推進コンクールで局長賞

環境保全型農業を展開するJA筑前あさくら杷木地域こだわり米研究会は、平成28年度九州地域環境保全型農業推進コンクールで最優秀となる九州農政局長賞に輝きました。特別栽培米「杷木こだわり米」の育成に国内初となる攪拌機でむらなくコーティングできる水稲種子消毒用微生物資材の導入や養蜂業者との連携によるレンゲ栽培などが評価さ …  >> 続きを読む

春の風物詩、梨の受粉始まる

春の風物詩、梨の受粉始まる

梨部会で、春を告げるハウス栽培の梨「幸水」の受粉作業が始まりました。朝倉市の梨生産者手島享二さんの梨園にも、辺り一面に白いかれんな花が咲き誇り、連日の受粉作業に追われています。  管内の今シーズンの施設栽培の開花は平年より5日程度遅いが、花付きも良く、生育も順調。受粉は、生育・品質を大きく左右する重要な管理作業で …  >> 続きを読む

入組1年目の職員が農業体験研修

入組1年目の職員が農業体験研修

 JAは、入組1年を迎える職員13人を対象に夏期、冬期に分けて、3~5日間の農業体験研修を行いました。 「農を語れる職員」の育成を目指し、同JAが企画。非農家出身の新入職員が増える中、組合員の生活や農業に対する認識と理解を深め、職員としての自覚を促すことが目的です。 果樹課の佐々木優作さんは3月1~3 …  >> 続きを読む

甘木地区女性部が金川小で児童と団子汁作り

甘木地区女性部が金川小で児童と団子汁作り

JA甘木地区女性部は3月1日、朝倉市立金川小学校の3年生26人に団子汁作りを指導し、食や命の大切さを伝えました。 同地区女性部が推進する食農教育活動の一環。児童は「総合的な学習」として、学級菜園で一年間、栽培・管理・収穫と大豆について学んできました。昨年12月には、同部員の指導でみそと豆腐作りも体験。 今回は集 …  >> 続きを読む

販売強化へ向けて販売促進懇談会

販売強化へ向けて販売促進懇談会

 JAは8日、管内の農畜産物の販売拡大と生産者の所得向上を目指し、「JA筑前あさくら販売促進懇談会」を原鶴温泉「六峰舘」(朝倉市)で開きました。 販売促進懇談会は、市場、行政、JA全農ふくれんと連携し、産地での生産体系の構築と農産物の販売促進が目的。市場関係者、県議、各市町村長、ふくれん、JA役職員ら2 …  >> 続きを読む



  • 入札公告のお知らせ
  • 各種お問い合わせ先
  • JA筑前あさくらFacebookページ
  • マイナビ JA筑前あさくらサイト
  • JA筑前あさくら葬祭 やすらぎ
  • 福岡県6次産業化商品カタログ平成28年度版ろくじかクンのおいしいしあわせ

旬菜ひろば とまと

広報ブログ



  • みんなのよい食プロジェクト
  • 農協改革特集・JAグループの自己改革の取り組み
  • 規制改革会議「農業・農協改革」とJAグループ福岡の考え方